食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 野菜・豆・きのこを使った料理レシピ一覧 > ほたて豆

ほたて豆

ほたて豆

総カロリー/508.8kcal(全量分)
塩分/1.98g(全量分)
たんぱく質/49.5g(全量分)
大豆とホタテを合わせて炊きました。大豆の煮もの自体はもちろん美味しいのですが、さらに旨みの強いホタテが加わることで大豆がホタテのエキスを吸収してさらに旨みを増します。ご飯はもちろんお酒のあてには最強です。「おかずのクッキング・2011・2/3月号」より土井善晴さんのレシピを参考にしました。
  • 【材料 作りやすい分量】
  • 大豆(乾燥)
      100g
  • ホタテ貝(ボイル)
    70g
  • 唐辛子(乾燥)
    1本
  • カップ4
  • しょうゆ
    大さじ1.5
  • 砂糖(ゼロカロリー)
    小さじ2
  • (一般的な砂糖の場合
    大さじ2)
 

料理レシピ

  1. 大豆は洗ってザルに上げて水気を切ってください。
  2. 鍋に分量の水としょうゆ、砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かし、煮立ったら火を止めて、大豆を入れてひと晩おいて大豆を戻してください。
  3. 鍋を火にかけ、煮立ったらアクを取り、落としブタと鍋フタをして弱火で1時間くらい煮てください。
  4. ホタテ、唐辛子を入れて再び落としブタ、鍋フタをして、煮汁が1/3の量になるくらいまで1時間以上をかけて弱火で煮てください。
  5. 煮あがったらそのまま冷まして味を含ませてください。
  6. 器に盛り付けをして出来上がりです。お召し上がりください。
ほたて豆
大豆とホタテです
ほたて豆
煮汁を煮たて、大豆を入れます
ほたて豆
このままひと晩かけて戻します
ほたて豆
アクを取ります
ほたて豆
落しブタ、鍋フタをして煮ます
ほたて豆
ホタテを入れてさらに煮ます
ほたて豆
ゆっくりと煮ます
ほたて豆
煮汁が1/3くらいになったらそのまま冷まします

ほたて豆

ほたて豆

ほたて豆

大人気の昆布茶。なぜ人気があるの?
世の中に昆布茶はたくさんありますが、中でも「たべこぶちゃ」は大人気。その秘密は?

ご家庭で美味しい焼肉を食べるには?
あの高級焼肉店「叙々苑」の味を1本からお買い求めいただけます!
あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
割引&楽天スーパーポイントがたまる
お得に買い物ができる楽天のクーポンサイト。割引クーポンが目白押し♪




料理・カロリー・塩分ポイント

料理・カロリー・塩分ポイント・・・

レシピの詳細や味についてはこちらのブログをご覧下さい。→ ささやく食材
(参考レシピ・おかずのクッキング・2011・2/3月号より土井善晴さんのレシピ「ほたて豆」)


4群点数法計算・・・総カロリー(全量分)508.8kcal(6.36点)・塩分(全量分)1.98g・たんぱく質(全量分)49.5g

1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0.88 0 5.26 0 0.04 0 0 0 0 0 0.18 1.98 49.5
0 6.14 0.04 0.18
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。1点が80kcalになります。





最新レシピ・おすすめレシピ

揚げ寿司とり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。



揚げ寿司揚げ寿司

お酢と油は相性が良いです。酢飯に具材を入れて俵状にして油で揚げました。油で酢飯を揚げるともっちりとしてとてもよい食感になります。お酢と油の合わさった風味が美味しい。



卵と豚肉のしょうゆ炒め卵と豚肉のしょうゆ炒め

「たまご」「豚肉」「きくらげ」「長ネギ」を使います。食材個々の美味しさが良く引き出されていい意味で、掛け算の力が働いた味になっています。



まいたけの焼き飯まいたけの焼き飯

焼き飯にたっぷりのまいたけを刻んでいれた一品です。でも、これがとても美味しいのです。まいたけの香りが漂って、食べ応えがある割にはとても軽いです。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら



楽天市場ランキング



about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人
プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


▲PageTopへ戻る