食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 魚介を使った料理レシピ一覧 > かじきの大葉巻き焼き

かじきの大葉巻き焼き

かじきの大葉巻き焼き

総カロリー/141.6kcal(1人分)
塩分/0.37g(1人分)
たんぱく質/14.64g(1人分)
 関連レシピ・記事
かじきを大葉で巻いてオリーブオイルで香ばしく焼きました。大葉の香りとオリーブオイルの風味で、塩のみの味付けですが味に深みがでます。かじきはあまり焼かないで余熱で火を通すので驚くほど柔らかく美味しく仕上がります。笠原将弘さんのレシピです。
  • 材料 2人分
    • かじき
      124g(2切れ)
    • 【かじきの下味】
        
    •    塩
      少々
    •    粗びきこしょう
      少々
    • 大葉
      6枚
    • 卵白
      1個分
    • オリーブオイル
      大さじ1
    • プチトマト
      46g(5個)

料理レシピ

  1. かじきはひと口大に切って、下味をつけてください。
  2. かじきに卵白を塗り、大葉をピッタリと巻いてください。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火でかじきを焼いてください。
  4. かじきが1/3くらい白くなったら裏返して全体に火を通したら器に盛りつけをしてしばらく余熱で火を通してください。
  5. プチトマトを半分に切って添えて出来上がりです。お召し上がりください。
かじきの大葉巻き焼き
使う食材です
かじきの大葉巻き焼き
かじきはひと口大に切ります
かじきの大葉巻き焼き
塩コショウで下味をつけます
かじきの大葉巻き焼き
卵白を塗りピッタリと大葉を巻きます
かじきの大葉巻き焼き
オリーブオイルを熱します
かじきの大葉巻き焼き
両面を焼きます

かじきの酢豚風

かじきの酢豚風

大人気の昆布茶。なぜ人気があるの?
世の中に昆布茶はたくさんありますが、中でも「たべこぶちゃ」は大人気。その秘密は?

ご家庭で美味しい焼肉を食べるには?
あの高級焼肉店「叙々苑」の味を1本からお買い求めいただけます!
あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
割引&楽天スーパーポイントがたまる
お得に買い物ができる楽天のクーポンサイト。割引クーポンが目白押し♪




料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・

かじきは全体に白くなったらすぐ器に盛りつけて後は余熱で火を通すことで柔らかく仕上がります。
焼いている途中で大葉がはがれないように、かじきに卵白を塗ってから巻きます。

カロリー・塩分ポイント・・・

ほんの少しの塩で味付けをしているのですが、大葉の香りとオリーブオイルの風味で十分美味しく仕上がります。

4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)141.6kcal(1.77点)・塩分(1人分)0.37g・たんぱく質(1人分)14.64g

1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0.15 0.89 0 0 0.05 0.01 0 0 0 0 0.66 0 0.37 14.64
0.15 0.89 0.06 0.66
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。1点が80kcalになります。





最新レシピ・おすすめレシピ

揚げ寿司とり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。



揚げ寿司揚げ寿司

お酢と油は相性が良いです。酢飯に具材を入れて俵状にして油で揚げました。油で酢飯を揚げるともっちりとしてとてもよい食感になります。お酢と油の合わさった風味が美味しい。



卵と豚肉のしょうゆ炒め卵と豚肉のしょうゆ炒め

「たまご」「豚肉」「きくらげ」「長ネギ」を使います。食材個々の美味しさが良く引き出されていい意味で、掛け算の力が働いた味になっています。



まいたけの焼き飯まいたけの焼き飯

焼き飯にたっぷりのまいたけを刻んでいれた一品です。でも、これがとても美味しいのです。まいたけの香りが漂って、食べ応えがある割にはとても軽いです。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら



楽天市場ランキング



about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人
プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


▲PageTopへ戻る