食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 魚介を使った料理レシピ > 牡蠣と白菜のオイスター炒め

牡蠣と白菜のオイスター炒め

牡蠣と白菜のオイスター炒め
総カロリー/151.2kcal(1人分)
塩分/1.63g(1人分)
たんぱく質/-g(-分)

牡蠣のエキスで作るオイスターと牡蠣の相性は悪いはずなし。抜群の牡蠣の風味が白菜にも染み込みます。
  • 材料 2人分
    • 牡蠣
      150g
    • 片栗粉
      大さじ1
    • 白菜
      300g
    • にんにく
      3g
    • とうがらし
      1本
    • オイスターソース
      大さじ1/2
    • しょうゆ
      大さじ1/2
    • 大さじ1
    • サラダ油
      小さじ2

牡蠣と白菜のオイスター炒め・料理レシピ

  1. 牡蠣は塩水を入れたボウルで良く洗ってから水気を拭き取り、片栗粉をまぶし付けてください。
  2. 白菜は適当な大きさに切って、にんにくはみじん切りにしてください。
  3. 中華鍋にサラダ油を入れて熱しにんにくとうがらしを弱火で熱し、香りが立ったら牡蠣を入れて焼き付けるように炒めて取り出してください。
  4. 白菜を中華鍋に入れてしんなりするまで炒めたら、牡蠣を鍋に戻して酒を振ってひと混ぜしてください。
  5. オイスターソースとしょうゆを入れて強火で絡めたら出来上がりです。
  6. 器に盛り付けをして出来上がりです。お召し上がりくださいませ。

まずは王道「マヨ七味」で一杯!
玄界灘に浮かぶ離島”壱峻島”から贈る「極上するめいか」

夏には刺身でも食べられる
通常より1.5倍もの日数をかけて育てる極上の鴨肉!

あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
米沢牛の最大の魅力は?
米沢牛の最大の魅力は脂のうまみ、甘みです。どの部位を買ったらよいか迷ったらまずはこれ。♪




牡蠣と白菜のオイスター炒め・料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・牡蠣自体に塩分と塩気がありますので、オイスターソースとしょうゆは控えめにして、牡蠣の旨みでいただきます。白菜は芯の部分と葉の部分を時間差で炒めると食感にバリエーションがでます。


4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)151.2kcal(1.89点)・塩分(1人分)1.63g・たんぱく質(-分)-g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0.58 0 0 0 0.32 0 0 0 0 0.57 0.42 1.63 -
0 0.58 0.32 0.99
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。






最新レシピ・おすすめレシピ

えびチリたまごえびチリたまご

土井善晴さんレシピ「赤いソース」。甘酸っぱくて、ちょっと辛い味付けが海老とたまごと抜群の相性です。このソースはその他にもいろいろな料理使えます。



とり将コロッケとり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。



白菜と鶏団子のとろとろ煮白菜と鶏団子のとろとろ煮

とても柔らかい鶏団子とその旨味をすった白菜と春雨がとろとろと美味しい一品。鶏団子を柔らかくするテクニックとは?脇屋友詞さんのレシピです。



お手軽フレンチトーストお手軽フレンチトースト

材料を深めの耐熱皿に入れて電子レンジでチンするだけのお手軽レシピです。フレンチトースト風という感じもしますが、美味しいので結構ローテーションしてます。



白菜の生姜焼き白菜の生姜焼き

白菜に生姜ダレを漬けてから焼きます。白菜と長ネギだけですが満足感のある一品です。そのままご飯に乗せて、丼ものにしても美味しい一品です。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら



楽天市場ランキング



about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人
プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


▲PageTopへ戻る