食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 常備品・その他の食材を使った料理レシピ > 揚げもちと野沢菜、干しエビの炒め物

揚げもちと野沢菜、干しエビの炒め物

揚げもちと野沢菜、干しエビの炒め物
総カロリー/378.4kcal(1人分)
塩分/0.75g(1人分)
たんぱく質/-g(-分)
 関連レシピ・記事
お餅を油で揚げてから、野沢菜、干しエビと一緒に軽く炒めます。揚げ餅と野沢菜漬けの塩味が良く合います。干しエビを入れるのがポイント。
  • 材料 2人分
    • 200g
    • 野沢菜漬け
      70g
    • 干しエビ
      12g
    • 片栗粉
      大さじ1
    • 小さじ2
    • サラダ油
      小さじ1
    • 揚げ油
      適量

料理レシピ

  1. 餅は1cm角位の太さで細長く切ってください。
  2. 野沢菜は細かく切ってください。
  3. 餅に片栗粉をつけ、中温の油で色付くまで揚げてください。
  4. フライパンに油を入れて野沢菜と干しエビを入れてサッと炒めてください。
  5. フライパンに揚がった餅を入れ、酒を回しかけてザッと混ぜ合わせるように炒めてください。
  6. 器に盛り付けをして出来上がりです。お召し上がりください。

料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・

餅を揚げるときは、カリッとするまでしっかりと揚げてください。

フライパンに餅を入れたらサッと手早く炒めるのがポイントです。時間をかけてしまうと餅が段々柔らかくなりベタついてきます。

カロリー・塩分ポイント・・・

野沢菜漬けの味だけでいただきます。野沢菜漬けがない場合は高菜漬けでも同じように美味しくいただけます。どちらも塩分が多いので、最初に水などに浸して少し塩を抜いても良いですね。

カロリーはお餅のカロリー+揚げた時に吸収した油のカロリーが主です。揚げ終わったら油を良く切ってから炒めるようにしてください。

(参考レシピ:別冊主婦と生活・新おせち料理)

4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)378.4kcal(4.73点)・塩分(1人分)0.75g・たんぱく質(-分)-g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0.17 0 0 0 0.08 0 0 2.86 0 1.25 0.37 0.75 -
0 0,17 0.08 4.48
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。



大人気の昆布茶。なぜ人気があるの?
世の中に昆布茶はたくさんありますが、中でも「たべこぶちゃ」は大人気。その秘密は?

ご家庭で美味しい焼肉を食べるには?
あの高級焼肉店「叙々苑」の味を1本からお買い求めいただけます!
あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
割引&楽天スーパーポイントがたまる
お得に買い物ができる楽天のクーポンサイト。割引クーポンが目白押し♪








最新レシピ・おすすめレシピ

揚げ寿司とり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。



揚げ寿司揚げ寿司

お酢と油は相性が良いです。酢飯に具材を入れて俵状にして油で揚げました。油で酢飯を揚げるともっちりとしてとてもよい食感になります。お酢と油の合わさった風味が美味しい。



卵と豚肉のしょうゆ炒め卵と豚肉のしょうゆ炒め

「たまご」「豚肉」「きくらげ」「長ネギ」を使います。食材個々の美味しさが良く引き出されていい意味で、掛け算の力が働いた味になっています。



まいたけの焼き飯まいたけの焼き飯

焼き飯にたっぷりのまいたけを刻んでいれた一品です。でも、これがとても美味しいのです。まいたけの香りが漂って、食べ応えがある割にはとても軽いです。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら



楽天市場ランキング



about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人
プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


▲PageTopへ戻る