食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 鍋物レシピ > ホタテ貝の貝鍋 

ホタテ貝の貝鍋

ホタテ貝の貝鍋
総カロリー/92.8kcal(1人分)
塩分/0.98g(1人分)
たんぱく質/-g(1人分)
旬の貝は焼いても縮まないのが魅力です。貝の旨みと磯の香りを堪能できます。
  • 材料 2人分
    • ホタテ貝(殻付き)
      110g
    • 小さじ1
    • しょうゆ
      小さじ1/4
    • みりん
      小さじ1/4
    • 無塩バター
      1g

ホタテ貝の貝鍋・料理レシピ

  1. ホタテ貝は殻から身を取り外し、黒い肝を破かないように取り外してください。ヒモとその他の肝は食べやすい大きさに切り、貝柱はそぎ切りしてください。
  2. 貝殻はそのまま器にしますので洗っておいてください。
  3. 貝殻にヒモや肝、貝柱と調味料を入れてください。
  4. ガスにアミを置きその上に貝を置いて焼いてください。お手軽に魚焼きグリルでもOKです。
  5. 沸騰してきたら裏返してお好みの焼き加減にしてください。
  6. お皿に貝をそのまま置いて盛り付けてください。もし貝の座りが悪いようだったら塩を盛りその上に貝を置いてください。
  7. お熱いうちにお召し上がりくださいませ。

ホタテ貝の貝鍋・料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・春は貝の美味しい季節です。特に旬の貝は焼いても身が縮まないのでとても美味しいです。


4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)92.8kcal(1.16点)・塩分(1人分)0.98g・たんぱく質(1人分)−g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.1 0.06 0.98 -
0 1.0 0 0.16
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。



大人気の昆布茶。なぜ人気があるの?
世の中に昆布茶はたくさんありますが、中でも「たべこぶちゃ」は大人気。その秘密は?

ご家庭で美味しい焼肉を食べるには?
あの高級焼肉店「叙々苑」の味を1本からお買い求めいただけます!
あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
割引&楽天スーパーポイントがたまる
お得に買い物ができる楽天のクーポンサイト。割引クーポンが目白押し♪









最新レシピ・おすすめレシピ

野沢菜の時漬け野沢菜の時漬け
(2017/01/17)
総カロリー/91.2kcal(1人分)
塩分/5.55g(1人分)


タコのエスカルゴ風タコのエスカルゴ風
(2017/01/17)
総カロリー/235.2kcal(1人分)
塩分/1.61g(1人分)


たこの黒ごま和えたこの黒ごま和え
(2017/01/17)
総カロリー/112kcal(1人分)
塩分/0.56g(1人分)


最近アップした料理レシピ
レシピ詳細は画像をクリック

おしるこ おしるこ
七草がゆ・昆布あん 七草がゆ・昆布あん
豚肉のおから 豚肉のおから

鮭とひじきの炊き込みご飯 鮭とひじきの炊き込みご飯
秋刀魚の酒鍋 秋刀魚の酒鍋
里芋の煮ころがし 里芋の煮ころがし

里芋と舞茸の炊き込みごはん 里芋と舞茸の炊き込みごはん
豚汁 豚汁
松茸ごはん 松茸ごはん

栗の渋皮煮 栗の渋皮煮
ゴーヤとさきいかの和えもの ゴーヤとさきいかの和えもの
こねり(ゴーヤとなすの炒めもの) こねり(ゴーヤとなすの炒めもの)

★旬の食材カレンダーからレシピ検索
旬の食材カレンダー(野菜)
旬の食材カレンダー(魚介類)

料理レシピ検索ページはこちら



レシピ・アクセス・ランキング

12/16〜2007・01/15のアクセスランキング。
*おせち料理が独占です。

1位 ぶりの照り焼き
2位 きりいかのあめ煮
3位 栗きんとん
4位 昆布巻き(身欠きにしん)
5位 きんかんの甘露煮

楽天市場ランキング


about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人/料理主夫
プロフィールはこちら

管理人ブログ
⇒ 【ささやく食材・食和日記】






▲PageTopへ戻る